補助ホスト

リスクゼロで民泊ビジネスを始める方法(本当です)

民泊ビジネスに興味はあるけど、資金不足。失敗するリスクは負いたくない。それ以外にも理由は様々と思います。今回はリスクゼロで始める民泊ビジネスについて説明します。

民泊ビジネスやってみたいけど不安。

民泊ビジネス、興味はあるけどこのコロナ禍の中、始めるのは不安。
赤字が続くリスクは負いたくない。
でも、しっかりと収入もある民泊ビジネスの始め方があります。しかもリスクはゼロ。

Airbnbの補助ホストを始めてみる。

Airbnbには補助ホストという機能があります。補助ホストとは民泊オーナーのサポートをすること。
民泊オーナーでよくあるケースが、本業は別で持っていて、民泊はサイドビジネスとして経営されているオーナーは結構います。
運営まで手が回らず、助けを必要としているオーナーさんのお手伝いをするのです。

補助ホストとして委託される主な業務

  • ゲストとのメール代行
  • 宿泊者名簿の管理
  • 宿泊料調整
  • 予約管理など

*メインホスト(民泊オーナー)がどこまでの業務をお願いするかによって、業務内容は異なります。

補助ホストの始め方

Airbnbのアカウントを作れば、これでOK。ホストアカウント所有者のみが補助ホスト対象者ということはありません。
Airbnbアカウント作成は下記リンクより。
https://www.airbnb.jp

民泊オーナーと出逢うためにジモティーを活用してみる

補助ホストを必要としている民泊オーナーと知り合うこと。それが最も難しいです。
友人や周りに民泊をしている方がいて、その方が補助ホストを必要としていれば、話は早いのですが、そうも簡単にはいきません。
そこで使えるツールとして、お勧めなのがジモティーです。

私自身、補助ホストの始めたての頃、補助ホストを必要としている民泊オーナーになかなか出会えませんでした。
そこで、駄目もとで民泊運営代行承る内容をジモティーに投稿してみました。ジモティー経由で3人の民泊オーナーから委託業務を頂く事が出来ました。
民泊経営者は友人や周りに、同じ民泊ビジネスをしている繋がりを持っていることもよくあります。横の繋がりで委託業務を頂けることもあります。

サポート料を決めよう。

補助ホストをしていく上で最も重要なポイントがサポート料金の設定。
サポート料は民泊オーナーと話し合って決めます。相場としては売り上げの10〜20%です。
売上(宿泊料金)に対してのパーセンテージが補助ホストの銀行口座にAirbnbより振り込まれます。
*実際は(Airbnbが送金を委託している?)ペイオニアから補助ホストの銀行口座に振り込まれます。

サポート料15%の場合のイメージ。
1泊料金 : 10,000円
清掃料:5,000円
合計:15,000円

①合計の15,000円からAirbnbの手数料(3〜5%)が引かれる。
*Airbnbから引かれる手数料は売上金に対して変動あり。今回は5%で計算。

②残額14,250円の15%(2,137円)が補助ホストへ送金される。
85%(12,112円)がメインホストへ。

現在、16部屋の代行業務で月10~20万円の収入があります。

man in black suit sitting on chair beside buildings
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

現在、私は16部屋の代行業務をさせて頂いており、月に10~20万円程の副収入があります。
客室の稼働率や景気の変動によって収入に波はありますが、私個人が賃貸物件を抱えているわけではありませんので、リスクはありません。
補助ホストをすることにより、その地域の宿泊単価もデータとして培われてきます。そのデータや経験はいざ自分が民泊オーナーとして開業する時に活きてきます。
民泊開業の資金不足やリスクを負うことに抵抗のある方は補助ホストから始めてみることをお勧めします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。