民泊運営

開業以降、これが最悪の物損被害!ゲストは未報告のチェックアウトで立ち去り。現場の写真も併せて公開。

実は3日前。民泊開業以降、最大の物損被害に遭ってしまいました。

“頭を悩ませる破損は滅多に起きない。起きても2年に1度くらい”
過去の投稿した記事で、そのように書いたことがあります。
その、恐れていた“2年に1度”が先日、起きてしまいました。
不意な破損であれば、ホストとして我慢できるものです。
しかし残念ながら、今回はマナーの悪いゲストによる破損でした。
開業以降、最大の物損被害。
今回の記事を読むことで、下記2点を学ぶことができます。

  • 史上最悪レベルの物損被害現場
  • 泣き寝入りすることなく、ゲストから代金を回収するためには。

ゲストは米兵4人

今回、破損を起こしてしまったゲストは米兵4人でした。
これまで、多くのゲストを迎え入れてきました。
たくさんのゲストを迎え入れていると、チェックイン前のメールのやり取りで、客質の悪いゲストは勘が働くようになります。
しかし、今回のゲスト。チェックイン前のメールのやり取りでは、そういう悪い印象はありませんでした。

ベッドフレームは破壊。大量の酒瓶。鍵は未返却。Fire TV Stickも無くなる。

彼らのチェックアウト後。清掃で現場に着いた時、タバコがポイ捨てされているのを見て、悪い予感がしました。
その予感は的中します。

玄関ドア横に設置している、キーボックス。チェックアウト時はそのキーボックスに、鍵の返却をお願いしているが、鍵は未返却。
持っているマスターキーで鍵を開けると、家具の配置は滅茶苦茶に。
ブランデーやウィスキーボトルが室内に散乱。
食べかけの弁当箱もそのまま。
ゴミの分別はもちろん、されていません。生ゴミ、ペットボトル、酒瓶が一緒に捨てられています。
パーティーをしたのでしょう。ケーキのチョコレートも床に飛び散っています。
NetflixやYoutubeを見るための、Fire TV Stickのケーブルも無くなっています。
とどめとなったのは、無残にも破壊されたベッドフレーム。
意図的に壊してはいないと思うが、室内の荒れ模様からして、羽目を外した事がきっかけで発生しています。

名前が印字されたクレジットカード明細。証拠として押収。

これだけ、室内を荒らしておきながら、報告は一切ありませんでした。
弁償せずに逃げる可能性もあります。
普段ならゴミとして捨てている、レシートやクレジットカード明細も今回は保管しました。
クレジットカード明細には、カード所有者の名前も印字されているので、有効に働くであろうと考えました。

弁償金を回収。予約者は現場の状況を知らなかった⁉︎

man in blue and brown plaid dress shirt touching his hair

破壊されたベッドフレームの破棄や清掃。原状回復に時間がかかりました。
翌日、メッセージを送りました。
幸いにも予約者から返信があり、反省している様子。
鍵は間違えて持って帰ってしまったようでした。
ベッドフレームとFire TV Stickの弁償を快諾。

メールを送った翌日、鍵を返却してもらうため、待ち合わせ。
鍵も返してもらい、弁償金も回収しました。

彼らの予約は2泊でした。予約者の彼から話を聞くと、代表者である彼は1泊だけして帰宅したそう。
2泊目は彼以外の3名が利用していたそうで、宿泊後の室内の状況は明確には知らされていなかったそうです。
“追加で清掃代、請求されるかも〜。”くらいでしか、代表者である彼は聞かされていませんでした。
そのため、事の重大さを知って、現場に現れた彼はこわばった様子でした。

事の重大さを正しく英語で伝えること

米兵ゲストによるトラブルが発生した時は、冷静に、正しく英語でコミュニケーションをとってください。
予約時に宿泊人数を偽ったり、宿泊時は羽目を外すこともあります。
しかし、基地内で働く彼ら。
基地の外でトラブルを起こしたら、厳しい罰則を受ける世界でもあります。
そのため、ホスト側は現場の証拠を押さえて、事の重大さを正しく英語で伝えれば、逃げることは考えづらいです。それでも応えてくれない場合は、警察に相談しましょう。
実際、鍵の返却時に会った彼。警察を巻き込むトラブルになる事は御免だから、メールを無視して逃げる事は一切、考えていなかったと言っていました。

今回、民泊経営していく上で、物損や汚損は避けれらない事を改めて、学びました。
この記事を読んで頂いてる皆様も、民泊運営をしていると何かしらのトラブルに直面するでしょう。
今回の記事が冷静に対処できるヒントになれば、嬉しいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。