民泊開業

民泊が失敗しにくい副業の理由(沖縄在住者限定)

沖縄在住者にとって、民泊ビジネスは失敗しにくい副業だと私は考えています。
(民泊開業を煽っているわけではないです。)

その土地(沖縄)に住んでいる利点を活かせます。
もしかしたら、親戚廻りで空家となっているものがあるかもしれません。
その空家が仮にボロ家だとしても磨きあげていけば、お金の成る木に育ちます。

沖縄在住者にとって、今記事が民泊開業の後押しにでもなれば、幸いです。

沖縄在住者こそ、始めてほしい民泊ビジネス。
そして、沖縄在住者はすでに有利であることも含めて、お伝えします。

第二滑走路の完成によって今後、さらに増えると予想される観光客

コロナウィルスによる影響が大き過ぎて、忘れがちだと思いますが。
2020年3月、那覇空港に第二滑走路が完成しています。
これまでの1.8倍、飛行機の発着が那覇空港で可能になると言われています。
現在、県内観光業はコロナの影響で低迷中ですが、ホテルの建設は止まることなく、各地で進んでいます。

民泊ビジネスにおいて、沖縄在住者はすでに得している。

先述の通り、コロナ収束後は以前にも増して、盛り上がりが期待される観光業。
民泊を開業して、個人でもその波に乗りたいものです。
民泊ビジネスにおいて、沖縄在住がどれだけ恵まれていることか。

現地で生活している強み。

県外在住の民泊オーナーがいたとします。
民泊物件を代行業者に委託したとしても、物件のことは気になるものです。
“長らく空室続いているけど、室内の状況大丈夫かな”
“庭の雑草、伸びてないかな”
いろいろと細かいことが気になります。

沖縄で生活していると、その気になればいつでも現場に行って確認できます。
そして、心に余裕が持てます。
県外で生活していると、もちろんそうはいきません。

私は県外で民泊開業を考えたことはありません。
何かあった時の不安がストレスになるからです。
ココが1番の利点です。

すでに土地勘がある。地域のことを知っている。

気になる物件が仮に見つかったとして。
沖縄のことを知らないと。
「ここは観光地として、どうなんだろう?」
「需要があるかな?」
いろいろと悩むものです。

沖縄で生活していると、普段の何気ないドライブや遊びの経験から、どこが観光客で賑わっているかは自然と身についています。
開業するにあたって、どこが良くてどこはイマイチくらいは判断つきます。

家賃相場も知っている。

仮に気になる民泊物件が賃貸で見つかったとします。
「・・・この地域でこのサイズ」
「この内容だったら・・・。」

沖縄で生活していると、家賃が相場より高い or 低いの判断はつくでしょう。
沖縄のことを知っていないと、物件の良し悪しの判断がつきません。
家賃相場を知っていることも、在住者ならではの利点だと私は考えます。

身の廻りに使ってない空き家ない?よく考えてみて。

民泊ビジネスに興味がある人は、親戚含めた身の廻りに空き家がないか1度、よく考えてみてほしいです。

沖縄は親戚付き合いや横の繋がりから。
「◯◯の息子だから、いいよ」とか。
「じゃあ、とりあえずやってみたらいいさ~」
そんな話も少なくないと思います。

もしくは。数年前に一人暮らしの老人が他界して以来、隣はずっと空家。
数ヶ月に1回、親族が換気を行っている。
聞いてみると。親族も管理する手間も省けることで、了承頂けるかもしれません。

1度、身の廻りの環境を考えてみましょう。

ボロ家だからと判断して、諦めるのは勿体無い!

私は、友人と会った時は近況報告からの流れで、民泊ビジネスが話題に出るものです。
ある友人は。
叔父の所有物だけど、自由に使っても問題ない空家があると言っていました。

しかし、“めっちゃボロ家”だと。
“あんなところに人、泊まらないよ”と話していました。

価値が低い物件に手をかけて、何十万の利益を生む事が民泊ビジネスの醍醐味です。
ボロ家ということで、諦めることは勿体無いです。

逆にボロ家だからこそ、固定費(家賃)も低く済むので、魅力があります。
結局、彼は民泊ビジネスを見送りました。勿体無い機会損失だと思いました。

まとめ

いかがだったでしょうか。
沖縄在住者にとって、民泊ビジネスは失敗しにくい副業と考えています。
その土地に住んでいる利点も活かして、スタートしてみませんか。
まずは、親戚廻りで空家となっているものがないか、考えてみましょう。

その空家の価値が低くても、磨きあげていけばお金のなる木に育ちます。

今記事が民泊開業の後押しにでもなれば、幸いです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。